リフォーム 奈良 リビングショップ

生駒郡 斑鳩町 H様邸 目隠しフェンス設置工事 施工事例

 

施工個所

外構
 

工期

7日間
 

担当

久松

リフォーム概要

リフォームの背景とポイント

 現在、竪格子の高さ80㎝ほどのフェンスがありますが、浴室がお隣様との境界側にあった為、いつも少し気になっていたそうです。
お隣様が引っ越しされたので、この機会に背の高い目隠しフェンスを設置して、何も気にすることなく生活がしたい、
また、万一の火災が起こった際に少しでも隣家に迷惑がかからないようにと工事を計画されました。
およそ2m近くある目隠しフェンスを設置しますので、風をまともに受けます。
通常は、かなり深めで大きい基礎に柱を包み込んで施工するのですが、立地条件的にその方法が無理だったため、
犬走りと一体化した基礎を造ることで、強風にも耐えられる様に計画しました。



施工中

     
まずは、既設フェンスの撤去。  既設の土留めブロックも撤去します。   建物廻り全体の土を鋤取り、コンクリートを流し込むために、境界に仮枠をたてます。
     
 エクステリア業者さんが指定の位置に柱を建てていきます。水平、垂直に気を付けて!  翌日、コンクリートを打設する前に、割れ防止と強化のために、鉄筋を敷き詰めます。  一輪車でコンクリートを運び、奥から順に打設していきます。
     
 そうそう、柱廻りの鉄筋の様子です。
4分筋で周囲をまき、メッシュ筋に結合して風対策を施しています。
 柱ごとに施工してきます。  この様に下準備をしてから、コンクリートを打つ作業に入っていきます。
     
 コンクリートを打設して、水がひきだしたら全体をコテで押えていきます。  水が引いたらコテで押え、またひいたら押えてを繰り返し。
繰り返すたびに、キレイな仕上がりになります。
 3日ほど、コンクリートが固まるのを待って、本体フェンスを取り付けます。


施工後





 




 
 
完成!
既存のフェンスとの取り合いもきれいに納まりました。
 出代もバッチリ!
今回は、YKKの‘アルミ形材フェンス7型 2段支柱納め’を採用しました。
 2mも高さがあるので、結構圧迫感がありますが、スキッと納まりました!




リフォームが終わって・・・

お客様よりコメント

ありがとうございました。



担当者よりコメント

風対策にかなり気を使いましたが、うまく納まり良かったです。ありがとうございました。 







▼キャンペーン実施中

外壁リフォームキャンペーンはこちら
浴室リフォームキャンペーンはこちら
キッチンリフォームキャンペーンはこちら