リフォーム 奈良 リビングショップ

生駒郡斑鳩町 H様邸 床暖房リフォーム 施工事例

施工個所

洋室
 

工期

4日間
 

担当

久松

リフォーム概要

リフォームの背景

お孫さんが産まれ、遊びに来た時に集まるの洋室が現在はカーペット仕上げ。
ハイハイするお孫さんのアレルギー対策と、冬場の寒さ対策に床暖房をご採用頂きました。


BEFORE  - 施工前 -

ソファー、ピアノ・・・と家具が勢ぞろいしたお部屋。 床はカーペット仕上げ。


リフォームのポイント

お部屋の主暖房を床暖房にしたい為、家具の多いこのリビングで敷率60%以上確保できる床パネルの配列をどう考えるか。
また、お孫さんがよく座り込む隅の方まで床暖パネルを敷きこむ配列も考えておく所。
今回は手軽に工事できる電気式の床暖房をご採用。


- 施工中 -

家具を移動して部屋を空っぽにし、カーペットをはがします。 カーペットの下に施工してあるフロアーも今回は剥がして撤去します。高断熱の断熱材を敷きこむ為です。 解体と同時に電気屋さんも来て、電気の配線を仕込んでいきます。
     
フロアーを全て剥がした後、この根太の間に40㎜のスタイロフォームを断熱材としてはめ込んでいきます。 断熱材施工の後、床暖房パネルの下地材として、構造用合板を貼りつめます。 床暖房パネルを貼る位置を墨出しして、貼り始めのパネルを加工します。
     
 墨に合わせて順番にパネルを敷きこんでいきます。  今回の床暖房はパナソニック電工の「真空断熱Youほっと!!」 このパネル自体に断熱材が仕込んであるので、本来は床下に断熱材を入れなくても良いのですが、お孫さんの為に高断熱化したいとのご希望でした。  各パネルへの配線ジョイントは大工さんでも出来る様に考えられています。


AFTER - 施工後 -

      
完成!
真空断熱Youほっと エクセルミディアム色。
表面はワックス不要の抗菌塗装仕上げです。
PTCヒーター採用で温度に応じてヒーター自身が判断して発熱量を抑制します。
大面積コントローラーMLK1813C。
このコントローラーで温もるエリアを切り替えられます。
今回は最大約1800ワットの電気を使うため、メーターから直接、専用ブレーカーを分岐取付させてもらいました。
     
 
 今回は、YKKプラマードU内窓を隣接する窓に取付け。  高気密な部屋に仕上がりました。  


担当者より一言

大変お世話になりました。工事後、弊社イベントにも積極的にご参加頂き、誠に有難うございました。
内窓のグレードのアドバイスですが、的確にアドバイスできるように、これからまた努力してまいります。
またイベントがある時は、お声をおかけさせて頂きます。



リフォームが終わって・・・お客様の声

  床暖房については、ほぼ満足。部屋の断熱機能を高めるため2ヵ所に内窓を設置したが、ダイニングキッチンの方は気温が低い時は窓の下半分が結露している。おそらく、キッチンまわりからの湿気が影響していると思われるが、
工事前に対象窓の下部で温度を調べた上で、内窓の種類(特にガラス)を決めるべきだったと思う。
こうした点について担当者からも詳しい説明と提案があれば、なお良かったと思う。
また工事と関係はないが、インテックス大阪での建材等の展示会は大変参考になったので今後も企画を希望します。




 

▼キャンペーン実施中

外壁リフォームキャンペーンはこちら
浴室リフォームキャンペーンはこちら
キッチンリフォームキャンペーンはこちら