リフォーム 奈良 リビングショップ

生駒郡 斑鳩町 K様邸 サンルーム(テラス囲い)工事 施工事例

   

施工個所

勝手口外側 
 

工期

 7日間
 

担当

 久松

リフォーム概要

リフォームの背景

 現在、洗濯機置き場にしている室内スペースを物入れとして使用したいので、洗濯機を別の場所に移動したいが、
増築までは考えていないとの事で、勝手口を出たヤード部分にサンルーム(テラス囲い)を設置して、そこを洗濯機置き場にする事に。
もちろん、建物からはフロアーでつないで、そのままいけるように計画しました。

施工前

     
商品の発注前に職人さん達と入念な打合わせ。
きっちり納まる様に、どこをどう加工しておくべきか話し合います。 
 この屋根もあたってくるので、カットします。
屋根上部の空間も関わってくるので、壁を造らなければなりません。
 勝手口も撤去して、建物とサンルーム(テラス囲い)をフロアーでつないで空間にします。

リフォームのポイント

K様邸は、増改築を何度も行っておられるので(いつもありがとうございます!)、屋根や建物が入り組んでおり、
サンルーム(テラス囲い)をはめ込むにも、スマートに納まらないであろうことは一目瞭然でした。
その中で最小限の付帯工事で納まる様に計画し、工事を進める事が最大のポイントとなりました。


施工中


     
まず、水道屋さんに洗濯機のくる位置に給水と
排水管の移設工事を先行してやってもらいます。 
翌日、大工さんに木工事にかかってもらいます。  干渉しあう既存屋根のカット工事。
後々、雨漏りを起こさないように納めなければなりません。 
     




 




 
 
 上部空間にも新たに壁(外壁)をつくり、この部分にテラス囲いがピタッとくっつくように計算しています。  テラス囲いの組み立て開始!
ちなみに、サンルームとテラス囲いは気密性が全く違います。気密性はサンルームのほうが高いですが、その分お値段も高くなります。
 使う用途で、サンルームにするかテラス囲いにするか選択します。
     
本体が組みあがると、次はガラスのはめ込み工事に進みます。今回は、建物内部と‘いけいけ’になりますので、防犯ガラスのセキュオをはめ込みました。   大工さんも木材をいろんな形に加工して、うまく納まる様に考えてくださっています。  床はり工事も開始。
     
 
建物内の床高さと同レベルになるように作業していきます。   次は、勝手口ドアを撤去して、開口を広くした部分を枠材で処理していきます。  

施工後

   
 洗濯機を納めて工事完了!  今回は、トステムのテラス囲い‘ほせるんですⅡ’を採用。
皆様もちょっとした空間づくりにいかがですか。





リフォームが終わって・・・


お客様よりコメント

 ありがとうございました!


担当者よりコメント

 狭い空間での作業と複雑な納まりでしたが、予定通りの工程と納まりになり良かったです。ありがとうございました。







▼キャンペーン実施中

外壁リフォームキャンペーンはこちら
浴室リフォームキャンペーンはこちら
キッチンリフォームキャンペーンはこちら