リフォーム 奈良 リビングショップ

北葛城郡 河合町 K様邸 トイレリフォーム 施工事例

施工個所

 トイレ
 
  工事費
24万9千円
 

工期

 4日(実働2日)
 

担当

 久松

リフォームの概要

リフォームの背景

西和店のご近所にお住いのK様ご夫妻。
御主人様がひざを痛められて和便器を使用するのが困難になられ、洋式便器に早く替えたいとのことでした。 



施工前

   
 段差のない和弁スタイル。給水配管を土間の中から取り出せれば
壁のタイルはさわらずに補修のみで使えそうです。
 ステンレスの手すりも再利用しましょう。
ロータンク撤去後の、ビス穴も補修でOK。


リフォームのポイント

時間をかけず短期間で!しかも安く!とのご指示を頂きましたので、残せるものは残して、
ご不便をかけない最低限の期間を考えての作業になりました。 


施工中

     
 さぁ、解体開始です。
まずは土間をはつって、既設和便器を
撤去します。
 解体開始後、最初に放り出された和便器。
長い間ご苦労様でした。
 土間を掘り返し、給水配管を探しだし、新しく
床給水式の設備配管にします。そうすることで
壁のタイルは触ることなく補修ですみます。
次に汚水配管の指定位置への移設も行います。
     
     
 配管工事が終わると、タイル屋さんが土間に
パサコン(砂とセメントを混ぜたもの)を
敷きつめ、高さ調整をして、ノロ(セメントに
水を加えたもの)をならしながら、タイルを
貼っていきます。
 タイルを割り付けをして、きれいな仕上がりに
なる様に進めていきます。
 タイル貼り工事完了!
今回は土間のタイルに、INAXのトイレ用抗菌
床タイル“レストールキラミック300角”を使用。
目地も少なく、お手入れも楽です。
さぁ、ここからが問題です。
便器を取付けたいのですがタイル下地が
固まっていない為、便器を取付けようとすると、
タイルが割れてしまいます。
     
     
 そこで、弊社営業マン大東が考え、ポータブル
トイレを加工して作り出した、
通称“できるんです”を排水管にセット。
床のタイルは養生して支障の無いようにすれば
これで簡易洋式便器のできあがり!
大も小もそのままで使用でき、バケツで水を
流せば普通に用が足せます。
これで、K様に2日間タイル下地を乾かす
時間を頂きました。
 3日後、早速便器の取付け工事にかかりました。安心して、タイルにも穴を開けることができます。  タンクに給水ホースを接続している様子です。
     
 
 ペーパーホルダーや手すりも設置します。


施工後

 
 そして完成!
今回の便器は、TOTOピュアレストQR。
温水洗浄便座は基本機能のみ設定されている、
お手頃価格のサンエイ社“シャワンザEW9012”。
ザ・シンプルトイレの出来上がりです。

担当者よりコメント

 養生期間をゆっくり頂けて、とても助かりました。快適にお使いくださいね。


リフォームが終わって・・・お客様の声

ありがとうございました。また、家のことで何かあったら、リファインさんに頼みます。おおきに! 





 

▼キャンペーン実施中

外壁リフォームキャンペーンはこちら
浴室リフォームキャンペーンはこちら
キッチンリフォームキャンペーンはこちら