リフォーム 奈良 リビングショップ

 北葛城郡広陵町 U様邸 倉庫スレート屋根改修工事 施工事例

施工個所

 屋根
 

工期

 10日間
 

担当

 久松

リフォーム概要

リフォームの背景

 築年数がかなり経過した倉庫のスレート屋根に、ところどころ穴が開いたりヒビ割れしたりしてきたので、
どうすれば良いかとの相談を受け、耐久年数を考えるとGL鋼板のスレートカバー工法が良いのではないかと提案しました。

施工前

     
 倉庫のスレート壁もコケでかなり汚れていますが、今回は屋根のみの改装です。  しかし、樋が外れ変形している箇所があったので、架け替えることに。  それでは、いよいよ工事開始です。
     


リフォームのポイント

 スレート瓦上部での作業は、かなり危険が伴いますので、鉄骨部の上を必ず歩き、落下事故防止に努める。


施工中

     
 屋根材を葺くための墨出し作業。
スレートはすぐに割れてしますので、落下には特に気を使います。
 屋根材を荷揚げして、ここで加工を行います。材料は、スマートカバー工法用GL鋼板「やまなみ」で厚さは0.5㎜です。  古いフックボルトの頭をカットして、墨出し線に合わせて屋根材を並べ、新しいフックボルトで止めていきます。
        
     
 片面を終えたら、反対面に移ります。  全体の様子。  屋根の際である、ケラバ部分の納め方は・・
        
 専用の役物材を使って、雨が侵入しないようにおさめます。  スッキリ納まりました。  棟部分も下地の金物を取り付けて・・
     
   
 棟金物をかぶせます。    


施工後

                                       
 完成!  樋も交換してきれいになりました。  
     




リフォームが終わって・・・

お客様よりコメント

いつもお世話になって、ありがとうございます。また、うちの野菜あげるから、取りに来てね。 



担当者よりコメント

 事故もなく、段取り良く工事を進めることができました。これで、20~30年は安心です。
壁面の汚れが気になってきたら、また声をかけて下さいね。







▼キャンペーン実施中

外壁リフォームキャンペーンはこちら
浴室リフォームキャンペーンはこちら
キッチンリフォームキャンペーンはこちら