リフォーム 奈良 リビングショップ

北葛城郡 河合町 W様邸 古民家再生リフォーム 施工事例

施工個所

 門屋(ガレージ部分と屋根) 母屋の廊下増築
 

工期

40日間 
 

担当

 久松

リフォーム概要

リフォームの背景

 築およそ100年のW様邸。今回は、門屋のガレージ部分が雨漏れして、そのまま放置状態だったので、
ガレージ内部をきれいに直して、門屋の瓦も葺きかえる事になりました。
さらに、母屋が田の字の間取りで、お手洗いに行くのに必ず部屋を通らなければならなかったので、
内玄関から広縁に出られるように廊下を増築して、部屋を通らずスムーズにお手洗いに行けるように計画しました。

リフォームのポイント

100年前の建物なので、新材と旧材の組み合わせを考えて、
既存部分との取り合いなど、バランス良く納める。


施工前 ~門屋ガレージ部分~

     
 門屋ガレージ部分の施工前。  敷地が台形で、下屋を用いて、土地なりの建物を建てておられます。  台形の敷地。
     
     
 雨漏りがして、かなり傷んだガレージ内部。  天井、壁にも雨漏りのあとが、はっきりと残っています。  取り合いになる壁の上部。
     
   
 取り合いになる壁の下部。中がガレージです。    



施工中 ~門屋ガレージ部分~


     
 まずは、仮設のポールをたてて、電線の引込みを仮移設しておきます。  電気メーターも移設。  ホコリ除けのシートをはります。
     
     
 ガレージ部分は改築しますので、先に大工さんが瓦を撤去します。  瓦をめくると、泥土がこんもりでてきました。  泥土の撤去。すごいホコリです。
     
     
 小屋組みの解体。  ガレージ部、解体・撤去終了。  取り合い壁の土台が、腐っていた為、基礎を打って、新しい土台を高い位置に取り付けます。
その作業の為に、既存建物をジャッキアップして、持ち上げておきます。
     
     
 ジャッキアップ中。  ジャッキアップして宙に浮いた建物が横揺れしないように、ロープで縛り上げます。  掘方をして、基礎を打つ準備をします。
     
     
 今回は基礎を打つ前に、土台を柱に取り付け、正確な位置を出して、基礎の仮枠をたてます。
普通の進行と逆の工程です。
 コンクリートを流し込んでいきます。
工程が逆なので、これも大変な作業となりました。
 基礎が固まり、仮枠を外したところ。
これで、ジャッキを外せます。
     
     
 次に、対面側の基礎を打つ準備。
こちらは、柱を新しくするので、通常の工程。
 新しく造る基礎に沿って、水道管をはしらせ、外部の良い位置にコン柱を建てておきます。  対面側の基礎も固まりました。
     
     
 そして、木工事にはいります。
土台を敷き、柱を建てていきます。
 大工さんが化粧梁の加工中です。  建て方開始。
カケヤで、柱に梁をたたきこみます。
     
     
 順番に組み上げます。  100年前の小屋束と新しい梁を組み合わせます。  タル木を流していくと、なんとなく屋根のカタチが見えてきました。
     
     
 広小舞や破風板等、細かな作業をして、次へと工事を進めていきます。  形が整ってきました。  既存屋根との取り合いの両仕舞は、作業を進めながら、一番良い方法を考えることに。
     
     
 野地には、杉板を打ちつけて、その上に構造用合板を打ちつけました。  これで、ルーフィング(防水シート)を屋根に敷きつめます。瓦を葺くまでに、多少の雨が降ってもOKです。  屋根の取り合いのややこしい所は、板金屋さんに、GL鋼板にて雨仕舞してもらうことになりました。
     
     
 大きな箱樋をつくってもらい・・・  4方からの水をズべて受けられるように加工してもらいました。  大工さんも並行して作業を続けます。
木製の引き戸をアルミの開きドアに取替えます。
     
     
 腰板の加工。
目板張りの腰板になります。
 工事前の様子。  工事後。
新しい檜の板は、やけていないので色こそ違いますが、見事です。檜の香りもいい感じです。
     
     
 続いて、ガレージ内部の作業へと移ります。  構造用合板を下地に・・・  ケイカル板で全体を仕上げます。
     
     
 ガレージ土間も周囲より高く上げ、水が浸入しないようにする為、土間コンを打ち直します。
※このあと、鉄筋を入れています。
 土間コンクリート打設。  建物側面は、カラートタンにて仕上げてもらいます。
     
 台形の建物なので変形部がありますが、瓦での加工が出来ませんので、板金屋さんに鋼板にて、はぜ葺きして仕上げてもらいました。  この様な納まりになります。
鋼板のない所は瓦がかぶってきます。
 ガレージ内では、電動シャッターを取り付けが始まりました。
     
 躯体を取り付けて、ガイドレールをつけて・・・  スラットをはめ込みます。
今は、リモコンの電波が強くなっているため、シャッターBOX内にアンテナを仕込めるようです。
 そして、門屋全体の屋根を葺き替えに、瓦屋さん登場。
まずは、瓦の撤去作業です。
     
 瓦の撤去が終わると、泥土の撤去ですが、ここで吸引車登場!  ホコリをたてずに、泥土を吸い取っていきます。  あっという間にきれいに・・・
     
 泥土が無くなると、野地板の上から合板をはって補強していきます。  構造体の腐りもありましたので、悪い所は手直ししながら進めます。  そして、ルーフィングを・・・
     
 順番に敷きつめます。  瓦を葺くのが後になる場所には、ブルーシートと養生をしてから  瓦葺き開始です。
     
 瓦桟引っ掛け工法にて葺いていきます。  ガレージ内部では、塗装屋さんがケイカル板の継手にパテをして、塗装の準備にかかります。  ケイカル板のままでも、結構きれいなのですが、汚れが付くと落ちにくいので、塗装をかけた方が、より良い仕上がりとなります。
     
   
 最後に車止めを設置して、ガレージ内部の工事は終了!    

施工後 ~門屋ガレージ部分~

   
 瓦も無事に葺きあがって、門屋の再生が完了!  銅板屋根材と瓦との取り合いもキレイに納まりました。  樋も、銅板製のものを採用。
所々には、以前の樋も使用しました。
     
     
 内部も美しく仕上がりました。  ちなみに、内部の蛍光灯はLEDです。  



施工中 ~母屋増築部分~


     
 母屋では、増築工事を進めます。  基礎の角には、ひとつ石を置いて建物に合うように、格好をつけました。  基礎のコンクリート打ちを終えたら、取り合いの旧壁の解体です。
     
     
 余計なところまで壊さないよう、丁寧に解体を進めます。  解体後の様子。左上が広縁。右が玄関ホールの床です。この2つをつなげます。  ひとつ石の上に柱を建てます。
     
 さげ堀をたらして、慎重に!!  土台の据え付け。  大工さんは檜を削って、ささら子の腰板をはる材料をつくっています。この加工でも3日程かかります。
     
 加工した材料の取付。  腰板の受材は、こんな感じで納められます。  ささら子腰板完成。あたりは、檜の香りでいっぱいです。
     
 
 木工事完了。
腰板から上は、左官屋さんによる、漆喰仕上げになります。
 漆喰塗りの様子。  

施工後 ~母屋増築部分~

     
 新しく開口をつくり、建具をあつらえました。  これで部屋の中を通らずに、広縁~お手洗いへと行くことができます。  増築した廊下部分。
あれ?ジャイアンツファンですか?(*^_^*)



リフォームが終わって・・・


お客様よりコメント

期待以上の仕上がりに大変満足しております。
リファインさんにおまかせして、本当に良かったです。ありがとうございました。 


担当者よりコメント

ご近所様からみても、おかしくならないように!後は任せると、W様から言われ始まった工事でしたが
職人さん達の知識と腕で、きれいに納まり、W様にも大変喜んで頂くことができ、私自身も満足しております。 



  



▼キャンペーン実施中

外壁リフォームキャンペーンはこちら
浴室リフォームキャンペーンはこちら
キッチンリフォームキャンペーンはこちら